九州一円
どの選挙でも対応できます

九州一円
どの選挙でも対応できます

後援会活動とは


選挙期間の前に行う準備やPR活動は、全て後援会活動として行います。
候補者の名刺やリーフレットを作成して配布したり、後援会事務所をつくったり、看板を建てたり…など。
選挙期間は種類によって異なりますが、5日から長くて17日ほどしかありません。この期間だけで当選する事はまず不可能です。
選挙期間の前に行う後援会活動が候補者様を知っていただくための大事な運動となるのです。

選挙期間中(選挙の公示日・告示日に立候補の届出をしてから投票日の前日まで)以外に、例えば立候補届出前にする選挙運動は「事前運動」として禁止されています。


選挙期間の前に行う準備やPR活動は、全て後援会活動として行います。
候補者の名刺やリーフレットを作成して配布したり、後援会事務所をつくったり、看板を建てたり…など。
選挙期間は種類によって異なりますが、5日から長くて17日ほどしかありません。この期間だけで当選する事はまず不可能です。
選挙期間の前に行う後援会活動が候補者様を知っていただくための大事な運動となるのです。

選挙期間中(選挙の公示日・告示日に立候補の届出をしてから投票日の前日まで)以外に、例えば立候補届出前にする選挙運動は「事前運動」として禁止されています。

議会議員選挙

地方議会議員選挙は、低倍率の選挙ですが、県議会・市議会・区議会・町議会など、それぞれに応じた戦い方が必要になります。
しかし政策では差がつきづらいので、日頃からの人柄や行動・言動による影響も大きくなります。
実際に候補者を有権者が見かける機会も多く、横柄な態度などを見聞きした有権者は絶対に票を入れてはくれません。最近はSNSの普及などもあり、些細な事が拡散しやすく影響するので、常日頃より襟元を正しておく必要があります。
また有権者が当選してほしいと思う人が複数いる場合も多く、有権者の“気まぐれ”や“好み”が選挙戦を左右することもあり、ある意味、落選しないための選挙戦が必要だとも言えます。

地方議会議員選挙は、低倍率の選挙ですが、県議会・市議会・区議会・町議会など、それぞれに応じた戦い方が必要になります。
しかし政策では差がつきづらいので、日頃からの人柄や行動・言動による影響も大きくなります。


実際に候補者を有権者が見かける機会も多く、横柄な態度などを見聞きした有権者は絶対に票を入れてはくれません。最近はSNSの普及などもあり、些細な事が拡散しやすく影響するので、常日頃より襟元を正しておく必要があります。

 
また有権者が当選してほしいと思う人が複数いる場合も多く、有権者の“気まぐれ”や“好み”が選挙戦を左右することもあり、ある意味、落選しないための選挙戦が必要だとも言えます。

首長選挙

首長選挙では高い勝率と実績があります。
候補者の数も少なく1人しか当選しない首長選挙では、徹底した戦略を立てて選挙戦に挑むことが必要です。
議員の時に応援してくれていた人はもちろん、それ以外の浮動票をいかに取り込むかが重要となってきます。

また首長選挙の場合、現職と新人の一騎打ちとなるケースも珍しくありません。現職候補の場合であっても、変化を求める風潮の中にあっては、新人候補は有権者には新鮮に映ります。相手候補の出方と世論の流れを見極めながら戦わないと、あっという間に戦況は変化していきます。
一騎打ちの選挙戦では、相手候補の状況を観察したうえで、しっかりとした対策を施しながら戦うことが重要です。

首長選挙では高い勝率と実績があります。
候補者の数も少なく1人しか当選しない首長選挙では、徹底した戦略を立てて選挙戦に挑むことが必要です。
議員の時に応援してくれていた人はもちろん、それ以外の浮動票をいかに取り込むかが重要となってきます。

また首長選挙の場合、現職と新人の一騎打ちとなるケースも珍しくありません。現職候補の場合であっても、変化を求める風潮の中にあっては、新人候補は有権者には新鮮に映ります。相手候補の出方と世論の流れを見極めながら戦わないと、あっという間に戦況は変化していきます。
一騎打ちの選挙戦では、相手候補の状況を観察したうえで、しっかりとした対策を施しながら戦うことが重要です。

国政選挙

エリアも広く関心も高い国政選挙ですが、有権者からすれば、最も身近でない存在となる候補者です。判断するための材料が、政党とポスターなどの候補者イメージに大きく左右されます。
同じ国政選挙でも、衆議院と参議院では戦い方が変わります。どちらの選挙でも、どのルートで選挙運動を展開するのか、街頭演説会の場所やタイミング、印刷物や物品のスケジュール、選挙カーの手配など、考慮しなくてはならない事も様々です。
これらの選挙は、政党が関わってくることも多いため、政党と自分の政策が食い違わないようにしなければいけません。
また、参議院選挙はすべて任期満了で選挙戦が行われるので、早めに準備することができます。

エリアも広く関心も高い国政選挙ですが、有権者からすれば、最も身近でない存在となる候補者です。判断するための材料が、政党とポスターなどの候補者イメージに大きく左右されます。
同じ国政選挙でも、衆議院と参議院では戦い方が変わります。どちらの選挙でも、どのルートで選挙運動を展開するのか、街頭演説会の場所やタイミング、印刷物や物品のスケジュール、選挙カーの手配など、考慮しなくてはならない事も様々です。

これらの選挙は、政党が関わってくることも多いため、政党と自分の政策が食い違わないようにしなければいけません。
また、参議院選挙はすべて任期満了で選挙戦が行われるので、早めに準備することができます。